仕事のムカつく先輩からのストレスを打破する3つのポイント!!

仕事場でムカつく後輩もいれば、その後輩という立場から見たらムカつく先輩ももちろんいるんですよね。

 

目上の人だけに社会では何も言えないのが悔しいですよね。

言うてみれば、年齢は年下だけど職歴が上な先輩さんとかに指摘、指導されると何とも言えないイライラが込み上げてきますよね。

(分かってはいるんだけど、やっぱり年下に言われるのは悔しい!w)

 

「仕事だから毎日顔を合わせなければいけない。今日も何か言われるかな?今日もイライラさせられるかな?」

そんな事を思いながら仕事に行くのってもちろん嫌ですよね。

 

僕自身もたくさん転職を繰り返してきたので、常に後輩続きですよ!色んな先輩に気を使ったりして、ストレスを抱えた時期もありました。

 

一番の解決法は退職がベストなんですが、せっかく苦労して掴んだ職をそんな訳のわからん先輩にやられてたまるか!!という事で今のムカつく先輩とストレス生活を打破する方にスポットを当てます。

 

こんにちは、中川です。

 

色んなムカつく種類があると思いますが、ここでは大きく分けて以下の3パターンの解決法を一緒に考えていけたらと思います。

 

①先回りした仕事でムカつく先輩を打破する。

②まともに相手しない事でムカつく先輩を打破する。

③証拠を取ってムカつく先輩を打破する。

 

 

本当に沢山のムカつくパターンが存在すると思うんですが、行動や言動のパターンを見ていると違うムカつき方でも、大本である先輩の心理は似てくるものがあります。

 

表面だけを見て対応するのではく、その大本を知る事で対策法は出来上がるのです。

核となる部分を知らなければ、「なんでそんな事するの?」とずっと悩んでいなければいけなくなります。

 

僕は実際心理学者とかではありません。が、しかし培った経験から大体の嫌な人間の心理ってこうなんだなぁって体感できました。

そんな僕も経験も含めて何かの力になれればと思います。

 

では1づつ一緒に紐解いていきましょう。

 

 

ムカつく先輩その①

圧力を常にかけてくる奴には先回りしてやればいい。

まずはこれ!!!

僕が最強にムカついた先輩第1位に間違いありません!!

 

特徴として1つのミスに物凄く厳しんですよ。あと、分からない事に躊躇しているとそれに対しても「早くしろ!」とか言って圧力かけてくるのでどうしても萎縮してしまいます。

 

工事現場仕事をやっていた時期があるんですが、これの連続でした。気が短い人ばっかりなので、カッカしてよく怒鳴られていました。

 

こうゆう先輩って絶対共通するのが自分基準で物事を考えています。

自分だったらこれくらいのスピードで出来る、これは分かるあれも分かると言う基準が高いのでまだまだ分からない後輩のあなたに対して「なんでそんな事も出来ないんだ!」と圧力をかけてしまうんです。

 

ハッキリ言ってあんたも最初はそうだったでしょ?と言いたいところなんですがそれを言っても理解は難しいです。

なぜなら基準が自分な為、理解しようとしないから。

歩み寄る精神なんて全くないんですよ。

 

そんな先輩には、口ごたえしても火に油を注ぐようなものなので先回りしてた仕事をしてみましょう。

仕事が遅い事、躊躇している事、ミスに対して圧力をかけてくるのであればそれを無くせばいいだけの事。

 

毎日の仕事の流れって大体一緒ですよね。毎日違う仕事をしているのが珍しいくらいです。

なのでまずは仕事の流れを読みましょう。流れが読めたら、次に先読みして仕事ができるように時間に余裕を持った行動をしましょう。

そうすれば自然とミスも減ってきます。

 

実は流れを読むところから良いサイクルになっているんです。仕事ができる人って大体これが上手いです。

今回はあなたが仕事出来ないと言っているわけではありませんが、圧力先輩に対するムカつきはこれで軽減できるかと思います。つまり、先輩のちょっと先を見て仕事をする訳だから圧力のかけどころがなくなるんです。

 

1週間もあれば仕事の流れは読めるかと思いますので2週目は行動に移してくださいね。読んでいる間に圧力かけられてもグッと我慢してその先を見ることが大切です。

 

自己成長にもつながりますので、モチベーションをそこに置いて圧力をかけられるムカつくストレス生活からいち早く抜け出してください。

 

ムカつく先輩その②

嫌味を言うてくる奴はまともに相手にするな。

こんな奴はただのさみしがり屋です。。。w

かまってちゃんです。

 

それが器用に表現できないから、もしくはプライドが高くて恥ずかしいから裏目に出てしまっているだけです。これ間違いないです!

 

普段から構ってもらえないから、あなたに嫌味を言って自分に注目させる。それで寂しさを紛らわしているんです。

例えば、小学校の頃とかに好きな子にワザと嫌がる事をして自分に気を取らせていた経験なんてありませんか?好きなんだけどそれを上手く表現できない事の代名詞です。

つまりそれと一緒。精神的に子供なんです!

 

この手の人間は分かりやすすぎて笑えてきますよ。

 

だから全く持って気にしなくていいです!!極端に言えば無視!

むしろ反応を薄くしていれば勝手に嫌味も行ってこなくなります。なぜなら面白くないから。

「また、寂しがりの先輩が何か言ってる。」くらいの程度で消化してしまいましょう。受け流す程度でいいです。

 

特にあなた自身が何か危害を加えたとかそんなんでなければ尚更無視です。ってか、そんな事言ってる先輩ってどう思いますか?明らかレベル低いでしょ?

 

そんな低いレベルで言い争っていても何の為にもなりませんよ。

 

僕もレベルの低い人間とはキッパリと割り切っていますし、そんな事よりもレベルの高い先輩を見つけて学ぶ方に時間かけて行きましょう。

 

どうしても耐えられない時は、上司に相談です。嫌味を言うと言う事は職場内いじめにも該当するので、証拠を掴んだ上で報告しましょう。例えば、ボイスレコーダーを忍ばせておくとかですね。

 

上司は直接的な証拠(その目で見た、その耳で聞いた)がないと指導ができない為です。

 

嫌味を言うムカつく先輩はしょーもない人間なので、相手にしてもあなたにとって人生の時間のロスなのでさっさと見切りをつけておくのがベストな選択です。

ムカつく先輩その③

責任を押し付けてくる奴には証拠を残せ。

いざ自分に被害がふりかかるとなればすぐ逃げる先輩。ムカつきますよねー!

 

先輩のアドバイスを聞いたり、指示を受けて仕事した事に上司から叱られる。

 

「先輩柄から教わりました。こうした方がいいと言われました。」と報告しても、当事者は「私は何も知りません。」と言う無責任な先輩が実は沢山います。

 

これは言った言ってないの話になるので証拠が全くありません。

「じゃあ証拠見せてよ?」って言われたらないのであなたの負けです。

この様な無責任でムカつく先輩には論より証拠で対応します。

 

何せ、先輩がした!って言う証拠さえあればあなたはそれ通りに悪気もなく仕事を進めているだけなので責められる必要は全くありません。

 

その証拠を取る中でもすぐに出来て効果的なのがメモを書いてもらう事です。

裁判とかでもそうでしょ?証拠がないと負けてしうじゃないですか。写真とか、指紋とか、アリバイとか色んなもの取って証拠を突き付ける事で勝利することができるんです。

そこまでする事は必要ないですが、最低限メモを証拠として残しておくのは有効です。

 

そして無責任な先輩からアドバイスやこうした方がいいよって言う意見、指示をもらった場合は「ありがとうございます。私の中で覚えておきたいので、メモで書いて頂いていいですか?」と伝えます。

 

先輩は自分のアドバイスを真剣に受け止めようとする姿に嬉しくなるので、まぁ断る事はないでしょう。

筆跡というものはごまかしようがありません。その人によってクセが出ますからね。

 

たとえ、先輩が上司の前で「私は関係ありません。」と責任放棄し出したらその手元にある証拠たるメモを上司に「これが証拠です。」と叩きつければ話は早いです。

 

言った言ってないのやり取りほどストレス溜めるものはありませんし、無責任な人ほど詰めが甘いのでそこをしっかりあなた自身が詰めておけばいいだけの話です。

[`yahoo` not found]

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください