医者との結婚は本当に幸せ!?リアルな理想と現実とは!

これから結婚を考える上で条件として優先順位の高い年収。

その中でも職業というのは関連づいてきますよね。

 

結婚相手に人気職業として医者が上がるのは言うまでもないでしょう。

ただ、お金の面で理想を感じているだけで現実的に苦労もあるのは事実!

 

そんな理想と現実をリサーチして比べてみました。

 

こんにちは238です。

あなたは?お医者さんと結婚したいですか?

あ、したいからこそこのページを読んでいるのか。w

 

医者との結婚って本当理想だし、勝ち組だな〜って確かに思います。

 

住宅街でも一際目立つ家なんか見かけると「あのお家はお医者さんですよ。」って聞くと納得出来てしまうので、高貴な生活が想像できてしまいます。

 

ズバリその背景にはお金を期待している事でしょう☆

 

で、結局のところ年収1000万越えと言われる医者ですが平均はどーなの?

 

調べてみました。

ビックリ!!リアルな医者の年収とは!

平成27年 医師の年収 基本情報
  • 平均年収:1,098万円
  • 平均月収:85万円
  • 平均時給:4,988円
  • ボーナス等:80万円
  • 平均年齢:40.0歳
  • 勤続年数:5.1年
  • 復元労働者数:95,220人
  • 総労働時間:170時間/月
  • 男性年収:1,178万円
  • 女性年収:869万円

開業医ともなると成功した場合ですが年収2500万円ほどになると言われています。

 

ってことは、月給に換算すると208万円です。。。

想像を絶する世界ですね!w

 

私だったら色んな物欲が出てきて止まらないと思います。w

 

俗に言う、町医者の先生は平然として毎月稼ぎまくっているんですね!

サラリーマンの10倍近い数字ですよ!!

 

これだけの収入があればパートナーとして働く必要もなく、優雅な生活が保証されるので金銭面では間違いなく幸せと言えるでしょう!

医者の休日

開業医の場合、連休ではないですが週休2日あります。(例:木曜日 日曜日)

 

ただし、勤務医になるとシフト制による不規則な休みが続きます。

病院は24時間体制ですので、科によっては3交代は当たり前です。

 

現在は医師不足ですので、通しと呼ばれる連続16時間勤務も珍しくはないそう。。。

 

実際の調査によると、1ヶ月の休みが4日以下が45%、休日なしが9%と本当に過酷な現場であることが伺えます。

 

ここから言えることは、開業医でなければ、結婚生活はほぼ孤独と言えます。

 

パートナーの稼ぎで友達と時間を共有したりできるのも良いですが愛情には恵まれない様な気がします。

「連休をとって旅行に行こうか?」なんて以ての外、不可能に近いのでは。

 

愛に満ち溢れたラブラブな結婚生活を望むのであれば、おすすめ出来ません。

 

また、3交代の不規則勤務に合わせたご飯の用意などを考えるとパートナーにも負担がかかってくるでしょう。

医者との子育て

医者をパートナーに持った以上は孤独な子育てと考えた方がいいです!

これは勤務医の場合です。

 

ただこれも開業医は医院の開院時間が決まっていますので、子育てに参加しやすいですね。

ほぼ一般職の方と変わらないでしょう。

 

勤務医の場合、上記にも書いた様に勤務が不規則ですのでほぼ家にいる事がないので金銭面でのみ支えるといった形になるのではないでしょうか。

 

ウチの主人は医師で、私も医療従事者です。
支えるって、すごく抽象的な言い回しですが、次のような事を含んでおります。

「仕事、忙しすぎて家事育児全く出来ないけど、ごめんね、全部やってね。体力勝負なので、栄養価の高い美味しい食事を色々出してね。夜中に呼び出されたり、休日に緊急手術入ったりしてイベントをドタキャンするけど、愚痴は言わないでね。ストレス解消に趣味のゴルフに月2回は行くけど、そこも許してね。専業主婦はしていいよ、むしろ推奨。あ、ウチは代々の医師家系なんで、子供は医学部に入れるから、幼児教育からしっかりやってね、お金は出すから。」

ちなみに、私は子供が高校生になったので、パートで医療現場に復帰するまでは、これ全部やってました。義父母とも仲良くソツなくやってます、私個人あての遺言書を書いて下さるぐらい(義母の宝飾類を全部私に譲るって)、仲良くしてます。

 

旦那の妹が外科医の元へ嫁ぎました。
結婚当初は都内にいましたが地方の大学病院へ移ったため彼の実家のある県へ引越しました。

外科医という仕事柄、夜勤や学会への参加のためほとんど家にいることが無く、そんな中子供にも3人恵まれましたが子育てを手伝ってくれるということは当然無く家事子育てが大変だったみたいですよ。
都内にいる実母が一か月に一度のペースでわざわざ地方の娘の様子を見に行ってましたし。

でも今では子供も大きくなり時間に余裕が出来て、幸せにくらしてますよ。

詳しい状況はわかりませんが、旦那さんは外で激務なのでそんな旦那さんの健康状況も含めしっかり支え、家庭をしっかり守っていってほしいという意味なのでは?
引用 http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2014/0525/659951.htm

 

この様に子供が落ち着くまではハードな生活が予想されますね。

 

保育園の保育料や、申請なども厳しい様です。

中には高額年収を理由にシッターを雇う事を進められるケースもあるとの事です。

 

医者と結婚するなら強い意志と決断が必要!!

いかがでしたでしょうか?

 

医者との結婚をお金持ちになれるから。とか浅はかに考えている様であればダメですね。。。

 

一生この人の激務に柔軟に対応し、家事育児を全面に支えると言う強い意志、決断が必要となります。

それが備わっている様であればオススメします。

 

しかし、絵に描いたような幸せな過程を望むのであれば路線変更したほうが良いですよ!

 

世の中、お金だけではないって事ですね。

それぞれ人にあった幸せの形で結婚するのが理想と言えます!!!

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

[`yahoo` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.