仕事が出来ないムカつく先輩は〇〇すべき!賢い働き方で未来を作る!?

今回は仕事でのムカつく人間関係の中でも仕事が出来ない先輩!!ここに焦点を当てて一緒に考えていきたいと思います。

 

・自分よりも明らか仕事の経験年数が長いのに全くもって仕事が上達しない。

・仕事が遅すぎてイライラしてムカつく。

・自分は必死に仕事しているのに負んぶに抱っこ状態で人ごとな先輩。

・給料を貰えることでぬるま湯に浸かってるのが丸わかりな先輩。

・クビにされないから会社に甘えてしまっている先輩。

・特に仕事が出来る訳でもないのにすぐに落ち込む先輩。

 

言い出したらキリがないですが、自分自身の職場経験年数を積み重ねるにつれてだんだんこういった先輩のムカつく部分が見えてきますよね。

 

それはあなたが真剣に仕事に向き合っている事だから普通のことです。何もおかしくありません。

 

「何でそんなに仕事が出来ない?」とムカつく気持ちも十分に分かります。

 

僕も今、管理する側で仕事していますが当然そういった先輩も沢山存在しますよ。特に50代の平社員などが多い気がしますね。

 

ただ僕の場合、もうムカつく事はなくなりました。w

なぜなら考え方を変えて接しているから!

こんにちは、中川です。

 

まず、想像してみて下さいよ。毎日毎日、仕事の遅い先輩に付き合ってイライラする生活が考え方をかえるだけで一変するとしたら?

ストレス生活からおさらばです!w  ムカつく事が多いとそれだけしか考えられなくて視野も狭くなりますが、それがなくなった瞬間視野も大きく広がるので仕事が円滑に回り出します。

何より、日曜日の夜が憂鬱ではなくなる。「あぁ、また明日から仕事出来ない先輩に付き合わないといけない。。。」という憂鬱感から「よし!やるぞ!」と前向きな思考にきっとなれるはずです!

 

 

では、そうなる方法って?考え方の変え方って何?

 

 

気になっていると思いますので、ズバリ言います!!

それは、たった一つ、、、

 

 

 

 

「利用」する事です。

 

 

??  どう言う事ってなったと思います。なので利用する事について紐解いていきたいと思います。

 

 

仕事が出来なくてムカつく先輩は上手に「利用」しよう!

利用するといっても、様々なのでここでは自分の為に利用すると思って下さいね。

 

問題なのは仕事が出来ない先輩って現状満足しちゃってるんですよ。だから何を言おうと響かない。

出来ないのではなくてしないんです!正確に言うとしようとしない。

自分に甘えているんです。目標というものや高みを目指すものがありません。

 

ある程度の給料(年配だったらそこそこあるでしょうね。)をもらえてある程度の生活ができる。

それ以上は求めない。これで十分満足。今の生活を守りたい。

 

そんな考え方になっています。まぁ言わなくても見てたら分かりますけどね。

 

あなたは現状満足してないでしょ?まだまだ挑戦して目標を立てて高みを目指していきたいでしょ?腐りたくないでしょ?

 

だからこそ、仕事が出来ないムカつく先輩を利用するんです!!

 

やり方はいたって簡単。

①ムカつくけど積極的に仕事をフォローする。

②何なら仕事を取り上げて早く帰ってもらう。

③仕事の目的を手伝って達成させる。

これだけです。

 

えぇー!思ってた利用の仕方と違う!と思うかもしれません。

仕返しも込めて利用してやる!って意味だったと思いますが僕はあえて逆の発想です。

 

どっちかというとムカつく先輩の方が楽で得してる様に思えますが、これが自分の為に利用するという事になるんです。

 

もっと分かりやすく言うと、先輩を上手に使って”私はこの様に出来ない人の面倒を見れるレベルの器ですよ”というアピールになるんです。

 

イコール!あなた自身の出世へ出来ない先輩を利用するという事になります!

 

上司はもちろんあなたの仕事っぷりも見ていますので、先輩にムカついている姿も見えてしまいます。

いつもムカついているあなたを出世させようと思いますか?あなたが上司になった時、部下にムカついてばっかり。。。そんな人を出世させ様とは思いませんよね。

つまり、あなたは仕事出来ない先輩に株を下げられてしまっている様なものです。

ムカつく、イライラする気持ちも十分わかるんですが物事を客観的に見る事を心がけてみると良いですよ。

 

では、具体的にどんな風に利用したらいいのか?

 

 

積極的に仕事をフォローするとは?

先輩の出来ない仕事や苦手な仕事を知っていたらそれを代わりにやってあげましょう。毎日「何でそれくらい出来ないんだ。」とムカついているその仕事です。

 

上司もあなたが出来ない先輩に対して一緒になってやってくれる事で、自分の仕事や時間を取られないので非常に助かります。となれば、必然とあなたの株も上がってくるでしょう。

 

 

仕事を取り上げて早く帰ってもらうとは?

例えば10分で終わる仕事があったとしましょう。出来ない先輩は30分かかります。

17:00定時の会社で先輩が残業を使ってその仕事をするとしたら30分の残業代が支払わらる事になりますよね。

 

代わりにあなたがその仕事を取り上げてたら?

 

10分の残業代で済みますよね。しかもその残業代はもちろんあなたに付いてきます。

何より会社のコスト的にもそっちの方が良いのが目に見えて分かります。

 

定時になったらムカつく先輩に声を掛けて「残っている仕事は自分させて頂きますんで帰ってもらって大丈夫です。」

会社としては無駄な人件費を払いたくないので、これも十分なアピールに繋がります。

先輩としても後輩が仕事してくれて先に帰れるので優越感あるので悪い気はしないですよ。

 

 

目的を手伝って達成させるとは?

例えば営業目標があったり、納期があったりと仕事には目標が付き物でそれがなければ会社は組織として存続できせん。

ムカつく先輩は給料がもらえるだけで現状満足なので目標に対して意識がかなり低いです。

 

あなたがその意識を変えてあげて引き上げるのがベストですがかなり労力を使います。もし、そんな労力使いたくないなら先輩の分の目標も背負って達成させる方が効率はいいです。

 

もし、そのムカつく先輩の分も背負って達成させたらどーですか?一躍ヒーローですよ!

個人的に中々のスキルがないと難しいですが、上司へのあなたのスキルを見せつけるいいチャンスでもあります。

 

仕事に慣れていて自分の事以外に使える余力がある人は試してみるといいと思います?

 

 

まとめ

いかがでしたか?

仕事のムカつく先輩は上手に利用する事で自分の得にも繋がという事がお分かりいただけたでしょうか?

 

実際、僕も入社5年目くらいから仕事が出来ない年配の先輩方にムカつき始めましたが、ムカつきながらもそうやって色々なものを背負いながらやってきた事で評価されたという経験があります。

 

だから思ったんです。自分が一人でムカついてばっかりじゃストレス溜めるし、等の先輩本人は何とも思ってない訳ですよ!

 

そのムカつく気持ちを違うところで利用してやればいいんです。言い方は悪いですが、ムカつく先輩は自分の評価の為の踏み台です。

 

ただそうでもしないと気が済みませんし、自分が報われない事が一番ダメです。

 

なので大切な事、もう一度伝えておきますね。

 

①ムカつくけど積極的に仕事をフォローする。

②何なら仕事を取り上げて早く帰ってもらう。

③仕事の目的を手伝って達成させる。

 

明日からこれをしっかり意識して仕事に取り組んで下さいね。そしてあなたの未来もハッピーなものになります様に。

 

お役に立てれば幸いです。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

[`yahoo` not found]

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください