仕事から逃げたい人はこの思考6選で理想の未来を作れ!

「仕事の環境が最悪すぎて今にも逃げ出したい。」

「毎日会社に行くのですらヘドが出そうになる。」

 

背負うものがなければ逃げ出しても何にも気にする事なんてないんですが、流石に家族を持っていたりそこそこの年齢で再就職が厳しかったりと背負うものがあると中々仕事から逃げ出すのって出来ないっすよね。

 

逃げたい気持ちとの葛藤の毎日は本当に辛いものです。。。

 

 

まぁでも仕事って国で義務化されているものではないです。必ず大人になったら働きなさい!って決められているものでもないです。

 

決められていたらホームレスなんてとっくに犯罪者です。w

大げさかもしれませんが極論、今の仕事から逃げる事がダメな訳ではないですよね。

 

逃げたらダメって法律あります?w

あるわけないっすよね!!w

 

仕事から逃げたい。。。でも逃げ出せない。

これは自分自身が作り出した世間論を気にしているからなんです。

 

とは言え、逃げ出したところでそれが正解だとも言えませんね。

今回は仕事から逃げたい時に考えておくべき事、しておくべき事について僕の経験も踏まえて紹介していきたいと思います。

 

 

 

こんにちは238(フミヤ)です。

 

 

色んなところでお話ししているように僕は色んな職をコロコロと変えてきた転職野郎です。

少し働いては辞め、また少し働いては辞めの繰り返し。

 

1〜2年仕事が続いたらかなりいい方のどう仕様もない奴でした。

 

今回のテーマでもある仕事から逃げるというのはあり意味代名詞でした。w

 

バイトとかだったら特に逃げ出しやすかったです。次の日から出勤しなかったらいいんですから。

電話がかかってきても音信不通。完全無視で自然消滅ですよ!

 

辛くなったり、気に入らなかったら辞めるのは楽ですよ〜。ま、独身だったからっていうのもあるけど!w

 

けどね〜、人間的には何も変わらなかったですね。

だからこそ、今逃げ出したいと思っているあなたには考えてもらいたい重要な部分をお伝えして、今後どうするか?といった点で役立てていただければと思います。

 

 

 

 

 

⒈ではまず何が原因で逃げたいのか?


職場の雰囲気?人間関係?職種が合わない?

色々とあると思いますが根本となるものは何でしょう?

 

よくあるのが人間関係ですよね。

職場の人間と合わない。上司が嫌すぎる。イジメにあっているなどなど。。。

これは確かに耐え難い。その職場に居続けることでずっと耐えていかなければならないので確かにしんどいです。

 

職種が合わなかったりもキツイです!その仕事にモチベーションが持てない中で仕事するのって意味あります?w

無駄な白紙の時間を過ごしているだけだと思ってしまいますよね。

 

 

 

⒉じゃあそれは逃げたところで解決する問題ですか?


逃げ出したい仕事の原因について逃げるとします。

今後の社会生活の中でまた同じような問題が起こったとしてそれに向き合って解決できそうですか?

 

原因の流れからすると、言っていることが矛盾に聞こえる感もしれませんが。悩みや問題に向き合う事も立派な自己成長に繋がるんですよね。

 

人間関係を克服したり、職種に対して前向きになれたり、それぞれ向き合ってそれこそ何かのきっかけで前向きになれるかもしれない。

 

また、一度乗り越えた問題に関しては経験値として得ることが出来るので人としてのレベルも上がってくるんですよ。

ちなみに僕は逃げてばかりだったのを一転、覚悟を決めて問題に向き合う事で自分のちっぽけさが実感できましたし、人としてもカスだった時代から比べると大きく成長できました。

 

いやもうどうしても無理!!解決なんて出来ないし、あらゆる手を尽くしてきたって場合は仕方ないですが、目先の原因は解決出来るほどの物かもしれません。

 

主観的に考えると視野が狭くなるので、一度客観的に見て解決出来るのか?出来ないのか?

しっかり見極める!

 

解決できないなら転職!!解決できそうなら解決策を練って実行して試してみる!!

分かりやすく2択に1択です。

 

 

⒊逃げたとしてその先はあるのか?


勢い余って逃げ出したのはいいけど、次の転職先が決まっていないからしばらくはプー太郎なんて最悪な事にならないように。これはただのバカです。w

 

逃げ出すにも計画が必要です。

脱獄するに計画なしで結構するバカがどこにいるでしょう?w

海外ドラマのプリズンブレイクだって凄まじい計画が描かれていましたからね。

 

って事で、次の転職先にしっかり内定もらってますか?って事ですね。

 

とりあえず、辞めてから考えるなんて言う低知能な事は絶対止めてください!!

その間、収入は0ですからね。w  背負うものがあるのならば完全に自殺行為っすよ!

逃げ出したい毎日かもしれないけど、新たな希望を胸にこっそり転職活動は日々行っていきましょう。

 

 

 

⒋休職や部署異動というのも一つの手段


職場の雰囲気、人間関係に疲れ切ってしまった時は一度精神科に診断してもらいましょう。

 

診断書によっては1ヶ月ほどの休暇も可能です。

一歩引いて職場から離れる事で逃げ出したいという追い込まれた精神状態から解放されて今後どうするべきかゆっくり自分と向き合う事だってできます。

 

 

 

また職種などが合わなかった場合は、異動願いを提出して人事担当者に相談するのもいいですね。

会社としても人権を守る義務があるのである程度希望に合った提案をしてくれるでしょう。

 

その代わり、とにかく移動したい!!という思いだけではなく希望部署や職種をしっかり伝えなければまた同じ思いをしてしまうかもしれません。

 

少なくとも今の職場でやり甲斐を持って取り組める部署、職種が何なのか?考えておくことが大切です。

 

 

 

 

⒌一人で悩まずに家族や親しい友人に相談してみよう


仕事から逃げ出したい気持ちに主観的にしかなれないようなら、第三者として家族、親しい友人に客観的に対策を相談するのは効果的です。

 

主観的になっているあなた自身は逃げ出したい気持ちが先行になっているので視野がグッと狭くなっています。前しか見れない状態。

いわば辞めることに一直線ですよ!でも、第三者から見たら「いやいや、それマジもったいないよ!」って感じで見えているかもしれません。

 

それは自分にはわからないことなので、行動に移す前に客観的な意見を取り入れておくといいです。

 

 

僕の知り合いの話ですが、主観的な考えだけで日本でも有数の大企業から逃げた人がいます。

僕はそれを辞めた後に聞きました。「えぇー、マジもったいないって!!」と言いましたが時すでに遅し。。。

 

結果どうなったと思います?

 

 

今では小さな町工場で働いています。ま、本人がそれでもよかったらいいんだけど僕だったら絶対大後悔しているだろうな。w

 

ってな事で、後悔しない選択肢を取るためにも必ず誰かしらには相談するのは大事です。

決して一人で駆け込まない事です!!

 

⒍最後に!逃げても礼儀だけはわきまえておこう!


「もうここは限界だ。。。逃げるしかない。」となったとしても、僕みたいにいきなり欠勤して音信不通になったりは社会の常識から外れていますよね。

 

退職を希望する場会うはまず直属の上司に申し上げるのが常識です。

おそらくそこから会社責任者との面談といった流れになるのが一般的かな。

 

そこで会社が嫌だから。人間関係に疲れたから。というのを言いたくなかったら一身上の都合で!という事で貫き通す事もできます。

先にも書きましたが、会社は人権を尊重しなければいけないので本人が嫌がっている事に深く追求する事はできませんので。

 

 

退職が決まったら、退職願を提出してお世話に立った方にお礼を言って去りましょう。

もちろん人間関係で悩まされた人、苦手な人にもです。

どうせこれが最後!二度と会う事はありません!!

逃げ切り完全成立です!

 

 

 

まとめ


いかがでしたか?

 

あなたが抱えている仕事から逃げたいという気持ちはどれほどのものか自分に問いただして見て適切な選択を取ってもらえたら嬉しいです。

 

仕事している時間も人生削っている訳ですからね。

 

僕の考えからして1分1秒たりとも無駄にして欲しくない。

逃げ出したいような気持ちで生きるってマジで無駄にしてますよ!

 

だからこそ一刻も早く解決に踏み込んでいただきたいですし、有意義な生き方に変えて欲しい。

 

 

想像して見てください。仕事にやり甲斐が持てて、気を使わない人間関係の職場環境。悩みも消えてプライベートにも全力投球出来る生活。

毎日の出勤も今日はどんな風に仕事進めて行こうかなとワクワクしてきませんか?

 

本来そうでないといけないんですよ。多少嫌な事や悩みはありますが苦しみながら我慢してするのが仕事ではないと思います。

 

ただそういった人生を掴み取るのは自分次第という事!!

考えて考えて行動に移していかないと何にも変わりません。

 

 

あなたの未来が理想の明るいものになりますように!

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

[`yahoo` not found]

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください