管理職に向いてない自分。6つの必ず見直しておくべき事とは!?

はぁ。。。管理職という立場に疲れた。

何をやっても上手くいかない。。。

自分は管理職には向いてないんではないだろうか?

 

 

毎日頭の中でこんなネガティヴワードを呟いてしまっていませんか?

 

 

確かに管理職って本当に難しい仕事だと思います。

 

 

僕自身も、現管理職で毎日奮闘していますから!!

 

 

様々な意見を聞かないといけないし、でも中立でないといけないし。

それを踏まえた上で適切な判断をしないといけないし。

 

 

 

管理職だからこうあるべき!!とか変に肩に力が入ってしまう時だってありますよね。

 

 

 

この自分が管理職に向いていないってネガティヴに考えてしまう問題には以下の様な事が原因で考えられますよね。

 

 

  • 部下と上司の板挟みになっていて苦しい。
  • 部下が言う事を聞いてくれない。
  • 部下とコミュニケーションを取るのが苦手。
  • 年配者部下の対応が難しい。
  • 自分の指示に自信がない。
  • 部下の意見をまとめて的確な判断が出来ない。
  • 部下と上司、どちらかに偏ったマネジメントになってしまう。

 

 

言い出したらキリがないですが、こういった悩みを抱えてしまって自分は管理職に向いてないのかも?って思ってしまっていませんか?

 

 

自分で自分を追い込んでしまうとドンドン悪いサイクルにはまっていってしまいますよ。。。

ってか、ちょっとしたトラブルも悪い方に捉えてしまうのでストレスも半端ないと思います。

 

 

ストレスで体壊してしまったら元も子もないですよ!!

体壊すための仕事ではないですからね。

 

 

 

大きな会社とかだったらこの手の悩みを解決するための研修などが設けられている事が多いと思います。

しかし、研修で学んだ事をみんながみんな同じ事しますか?

 

 

皆んな似たような同じマネジメントしてないでしょう。

僕は研修なんてのは所詮会社の作り出した綺麗事だと思っています。

実際、人それぞれに合ったやり方がある訳だし、育て方があるんすよね!

 

 

だから向いている向いていないの前に自分のマネジメントをまだ見つけられていないだけなんですよ!!

これは実践で失敗重ねながら修正してまた実践しての繰り返しで自分のマネジメントを作っていく方が絶対良いんすよね!

 

 

 

 

どーも238(フミヤ)です。

 

 

 

僕も現在管理職で日々奮闘している中で、この問題に悩まされる事良くあります。泣

 

 

 

 

特に上からの重圧と下からの文句にはよく悩まされます。。。泣

 

 

どっちの言っている事もわかるから、「一体俺はどうしたらいいんだ〜〜〜!!?」って頭悩ませるんですよ。

管理職は中立的な立場でないといけませんからね。

 

 

 

どちらかの肩を持ったやり方は信頼を失います。

 

 

ただ、あなたの上司も完璧な人間ではありません。

 

あなたの部下の状態がどんなものなのかを理解してないのに理不尽な指示を出してくる事もあります。

 

そこで、理不尽な上からの指示と部下との中立なところでマネジメントしても本当の意味で中立とは言えないし、部下の不満を溜めていくだけです。

 

一番最低なのは上に気に入られようとペコペコ張り切って、部下に目を向けられていない事です。

 

 

今回は管理職に向いていない、辞めたい。という悩みと、自分自信の部下との向き合い方を一緒に考えてながら解決していきたいと思います。

 

それ伴って、僕も心掛けている方法で、より部下に寄り添って中立な方法を紹介しますね!

 

 

 

 

①部下のことどれだけ知っている!?


部下の事をどれだけ知っていますか?

 

 

仕事中の事ではなくて、どんな性格で何が好きで趣味は何なのか?

休日の過ごし方は?家族は?今悩んでいるもの、興味を持っている事は?

 

最低でもこれくらいは知っておくと、部下との会話のレパートリーがめちゃ増えてきます。

 

例えば月曜日に会っていきなり仕事の話をするのではなくて、「土日は何してた?趣味でサッカーしてるんだよね?面白かった?」と話を切り出しす事で部下の心を開いて会話をするキッカケになります。

「それがね、聞いてくださいよ~!試合だったんですけど、相手チームが強すぎてボロ負けしました。。。もっと練習しないとダメって思いましたねー!」

って感じで話が広がっていくんですね。

 

 

何も仕事中は仕事の話だけをする必要なんてないし、誰がそんな事決めたんすか!?笑

 

そんな職場だったらガチガチで何も楽しくないですからね。

 

まずは部下一人一人の個性を知る!という意味でも普段の会話から「聞き取る」って事を意識していきましょう。

自然と気がついた時には部下の事、めちゃめちゃ詳しくなってますよ☆

 

 

 

②管理職最大の仕事とは!?


これは管理職の最大の課題ですねー!

 

よく勘違いしている人がいて、部下を縛りつけてヒトラーの様に動かす人。

つまり独裁者的なマネジメントしている人。

 

 

あとは、上にばっかりに機嫌取りに行って部下には感情を押し付けてしまっている人。

 

どっちも部下が伸びる要素ないっすよね。。

 

でも、管理職の最大の魅力って部下が成長してくれる事だと思いませんか?

僕はそうだし、そうする為に仕事しています。

 

部下を成長させたら自分の後継者を作る事にもなりますからね。

そうすればまた自分が上のポストに上がった時に育てた部下が仕事を助けてくれるんですね!

 

想像してみて下さい。部下が今の自分の仕事をサポートできる様に成長したらどうでしょうか?

 

あなたの仕事の負担は軽くなるし、余裕が生まれるので他の仕事に取り掛かる事だって出来る。

 

大体の管理職向いてない人ってこれが出来てなくて、全て自分に負担がかかってきていてるんです。

 

ドンドン仕事が溜まっていってパンク状態になってる人が見ている中では多いですね。

 

だからこそ、自分の為にも部下を成長させる!

 

任された仕事を達成させる事に重点を置くのもわかりますが、仕事はチームプレイですからね。

 

って事で、管理職最大の仕事は部下を成長させる事ですね!

 

 

部下の成長なしに、仕事の達成は出来ないでしょう!!

 

誰に向けた仕事か?

管理職なら部下に向けて仕事するべきじゃないですかね!

 

 

 

 

③対部下の前に対人であるという事!


部下を将棋のコマの様に使ってる管理職さん。

 

 

あれ、最低です!

 

 

部下を人として見れていない証拠です。

仕事を達成させる為だけに上手く利用しているだけ。

職権乱用にもなると思いますねー!

 

当たり前ですが、コマじゃなくて人です。

 

仕事として人を見るのではなくて、人として人を見て仕事をしないと部下は付いてくる訳ありません。

 

自分が管理職で部下より偉い立場ですが、それを利用するのだけはやめましょう。

 

下手すれば退職者だって多数出る可能性があるので要注意です!

 

 

悪いとこを探すよりも良いとこ探しです!

 

部下を指導する立場である以上、部下の弱点を見つけて改善させる事は立派な管理職の仕事ですが、そればかりに焦点を当ててしまっては重箱の隅をつついてる様なもんです。

 

「あの人には悪いとこばかり指摘されるから、、、」

と部下には自然と避けられる存在になってしまうでしょう。

 

部下との接点もなくなり孤独感から自分には管理職として向いてないと考えてしまうんでしょう。

 

 

てか、その前に部下の良いとこ探しをしましょうよ。

 

理想としては、部下のまだ発掘されていない良い部分を引き出してあげれる能力を鍛えるのがいいですね!

 

誰にだって長所はありますから、まずは一つ良いところを見つけてそれこを伸ばす。

 

そういった育てて方の方が部下からも「よく見てくれているんだなぁ。」って思ってもらえるし、信頼にも繋がりますからね。

 

 

 

④一つ叱ったら一つ褒てみる!


上からの指示で部下が顧客や取引先に迷惑をかけた時や、ミスが続いている時など「指導しておく様に。」と言われた以上は叱らなければいけない。

 

自分と良い関係の部下であってもそれは仕事だから仕方ないですよね。

 

叱られた部下は自分が悪いと分かっているけどやはり凹みます。

叱ってばかりを続けていると部下はモチベーションも下がってくるので、フォローの意味も込めて一つ褒める事を意識しておくといいです。

 

 

例えば、「~の部分で凄く頑張ってる姿見てるし結果も出せてるのに、このミスはもったいないよ。起きた事は仕方ないから今後で取り返していこう。」など、部下を仕事を褒めた上で叱る!

また、叱った事に改善点があるからそこを指摘するんだけどフォローを入れるって事

 

そーする事で部下には伝わりやすいし、叱られた事によって凹むのではなく、改善への意欲が湧いてくるんすよね。

叱る時も言葉を選んで相手を気遣う事を忘れない様にしましょう。

 

 

 

⑤向いていないと思うのは自分が決めた物差し!?


誰かに「お前は管理職に向いてない!やめたほうがいい!」とか言われましたか?

 

 

自分で自分を評価して勝手に向いてないと決めつけているだけなんですよね。

 

どこにその基準となる物差しがあるんでしょうか?

他の管理職の人からしたら低い基準かもしれませんよ?

 

 

誰だって最初から管理職に向いている人間な訳じゃないし、失敗を繰り返しながら磨かれていくもんだと思います。

 

だから色々な壁にぶつかって、今自分は管理職に向いてないと思っているかもしれませんが、それは成長できるチャンスだと捉え方を変えてみてはどうでしょうか?

 

また、同じ管理職の人に相談するなどして自分以外の人の物差しをどんなものなのか聞いてみてもいいですね。

 

 

 

⑥初心に戻ってまずは信頼関係の構築から!?


管理職に向いてないと思っている人にほぼ100%足りない部分がこの信頼関係。

 

まず管理職に抜擢されて時の気持ちはどんなでしたか?

 

 

初心を思い出してみましょう。

きっと嬉しくてやる気に満ち溢れていたと思うんです。

最初からやる気がなかったって人は中々いないでしょう。笑

 

その時の気持ちに戻って、また一からやる気持ちで信頼関係構築に重点を置いて取り組んでいきましょう。

 

コニュニケーション取って、部下との約束事は必ず守る、部下が困っている時は手本を見せてあげたり親身に相談に乗ってあげる事で信頼は付いてきます!

 

信頼関係が出来ていれば自分が苦しい時に部下も助けてくれますし、指示も聞き入れてくれます。

 

管理職の仕事をする中で一番大切にしなければいけないところだと言い切っても間違いではないでしょう!

 

 

今更、、、じゃなくて今から!!

遅すぎるなんて事はないんですよね。

毎日、少しづつ信頼を作っていきましょう!

 

 

 

まとめ


いかがでしたか?

自分には管理職向いてないなぁって気持ちが少しでも前向きになってもらえもらえたら嬉しいです。

 

実際に向いているとかではなくて、相応しい人格は部下と一緒に作り上げていくっていう感覚だと思うので、自分で自分を一方的に否定してしまうのは良くなーって思います。

 

長くやればやるほど気付く部分ってあるので頑張って日々勉強ですね☆

 

人間誰も完璧な人っていない訳だから、悩んでいるのは自分だけじゃないですし、同じ事で悩んでいる人や経験している人も沢山いると思います。

 

部下とのいい関係、上とのいい関係を作っていけるのは自分しかいません!

 

  • 部下と何でも話し合える関係。
  • 仕事終りに飲みに行ったり、友達みたいに気さくな関係。
  • 上に気を使う事なく自分自身のマネジメントができる仕事環境。

 

 

あなたの今後の管理職としての生活が改善し、楽しいものになります様に!

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

 

 


返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください