ハロウィン、仮装の意味は?実はただ仮装するだけじゃなかった!

日に日に、夕暮れが早くなり、寒くなりって年寄りみたいな事いうてますが秋も深まってきたところでそろそろハロウィンの季節ですね。

この時期になると以上に街の中にはハロウィンパーティ帰りなのか、自己満なのかわかないけど仮装してる人が沢山いますね。

 

1年の代表的イベントの一つですね、もはや。

実は自分もハロウィンは大好きです、はい。笑

ハロウィンパーティも近くに控えているので、ネットで特殊メイクのやり方を検索しまくっています。

 

毎年テーマを決めて仮装しているのですが、はたして仮装やったら何でもオッケーなのか?ハロウィンってそもそも仮装パーティーなん?

そんな疑問が出てきて、気になってしまったのでちょいと調べてみました。

 

 

ハロウィンの由来

ハロウィンの由来は1000年以上もも前からある古代ヨーロッパのスコットランドややアイルランドの住んでいたケルト人の儀式である。

ケルト人の暦は10月31日が大晦日。その日になるとあの世とこの世の門が開き死者の霊が訪ねてくるとされていました。その霊と一緒に悪魔や魔女も一緒に着いてきてこの世の魂を奪いにくると恐れられていました。

 

仮装の意味

ハロウィンの時に死者の霊と共にやってくる悪魔や魔女を追い払う為にそれ以上に恐ろしい仮装をしたという説と、悪魔や魔女に同化して人間とわからなくする説と2つの説がありいずれもどちらが正しいかははっきりしていませんが、悪魔払いの為の仮装であることは間違いないです。

 

かぼちゃの置物の意味

これは元々、顔の形にくりぬいたカブを魔除けに使っていたのが原点でした。アメリカが発見されてからそこで収穫されたかぼちゃが用いられ、それが主流になって現代に伝わっています。

 

〜まとめ〜

毎年全開でハロウィンを楽しんでおいて由来とか全く知らなかった。。。笑

楽しそうっていう雰囲気だけでやり過ごしていた。笑

 

よく調べてみるとこういったしっかりとした歴史があるという事が知れて今年は更にハロウィンを楽しめそう。

 

ちなみに、問題である仮装は何でもオッケーなのか?に関しては、歴史上ダメですね。

悪魔払いと考えるなら、ゾンビや幽霊等の恐ろしい系が妥当ですね。

 

じゃあ、街で普通にコスプレして「ハロウィンいえ〜」的な感じで楽しんでる人って一体。。。笑

意味を理解してしまうとかわいそうに思えてきますね。笑

自分は今年しっかりゾンビしますよ、そりゃもちろん!

 

それでは皆さんも楽しいハロウィンを!!

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。


返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください