仕事のムカつくウザい部下は上手く扱え!ストレスを溜めない働き方5選!

いつまで経っても変わらない部下さん、手がかかりますよね。僕自身も管理職なのでこれまでに沢山悩まされました。。。

 

今これを読んでいるあなたは正に今、仕事でムカつく部下に悩んでいるのではないでしょうか?

「こいつマジうざい部下だなぁ。」とか思っていませんか?

こんにちは238(フミヤ)です。

 

人って性格や持ち得た癖など問題点ってゆうのは様々ですよね。

 

・挨拶がまともに出来ない部下

・すぐ弱音を吐く部下

・自分は出来てると思いがちかな部下

・生意気な態度の部下

・やる気がない部下

あなたの部下はどんな部下ですか?

 

種類によって対処方がありますが、一番簡単なのは追い込んで退職させる事です。

 

但し、上司という立場上、人を成長させる事が仕事だし最大の醍醐味だと僕は思っているのでムカつくけど、ウザいかもしれないけど更生させる方法を一緒に考えていけたらと思います。

 

僕自身も一企業で管理職に付いていますので毎日がウザい部下、ムカつく部下との戦いです。感情的になる事も人間なのでありますけど、「今を見るのではなく、その先を見てマネジメントをする!」これ一番大事です。

 

ムカつく、ウザい部下でも先の未来に成長してくれたら十分な戦略として働いてくれます。

今は色んなシワ寄せが自分に降りかかっているかもしれませんが、ちゃんとした指導法を行なっていけば人は必ず成長します。

 

ムカつく、ウザい部下が戦力になれば上司であるあなたは指示出を出すだけでそれが成果に繋がります。

今は部下へのストレス、その部下がいる事で成果が出ない事へのストレスなどを抱えているかもしれませんが、それがなくなるとしたら?

 

最高に楽ですよね!?

 

ちなみに、僕は今このベストな形で仕事をさせていただいています。

率先してやってくれる部下に最大感謝して仕事を振っています。

部下成長にも繋がるし、成果も付いてきます。僕自身が動く機会はほとんどありません。

 

と言う事で、これを機に自分の未来の為にも自身のマネジメントを一度一つづつ見直していきませんか?

 

 

①その人に合った正しい指導が出来ていますか?


ダメな事に叱れていない。注意出来ていますか?

第三者的に部下を見てムカついたりウザいと思ったりしていませんか?

誰の部下でしょうか?あなたの部下です!

 

叱り方、注意の仕方も気を付けましょう。

ただ感情的に否定するのではなく、部下のいい部分を褒めつつ伝えましょう。

 

否定される事で人は壁を作ってしまいますが、存在を認られる事で「ちゃんと自分の事見ていてくれるんだ。」と受け身の体制をしっかり取ってくれます。

 

例えば、部下が挨拶しない場合。

「何で挨拶が出来ないんだ!礼儀として当たり前の事だから明日からしっかり挨拶するように!」と言う注意の仕方。

 

もう一つ

「〇〇さん、挨拶しっかり出来てないよね?せっかく仕事の~~の所を頑張ってやっているのに基本の挨拶が出来ていないだけで頑張っている事が台無しになってしまうよ。頑張っているだけに勿体ないから明日から改めていこうか。」

 

どう考えても後者の方が心に響きますよね。この様にいくらムカつく、ウザい部下でも自分で自分の首を絞めてしまっているという感覚にさせてあげれば改善されてきます。

 

相手を想った伝え方、尊重した言い方に変えていきましょう。

 

 

 

②コンニュニケーション不足になっていませんか?


ムカつくしウザいから業務的な会話しかしていないなんて事ありませんか?

他にもほとんど会話なんてしていないなんて状況ではありませんか?

 

もし、そんな状態であれば改善は見られません。

 

信頼関係が全く成り立っていないから。。。

 

業務的な会話だけだったら部下は上司の事を指示するだけの人と認識してしまうからです。

気持ちの面でも気を使う事なく悩みやアドバイスを話し合えてこそ信頼関係が成り立っているといえます。

 

上司である以上、部下との信頼関係を築いていくのも立派な仕事の一つです。

一概にムカつくしウザいと決めてコミュニケーション不足になっていては仕事をしているとはいえないでしょう。

 

コミュニケーションといってもたわいもない世間話や身の上話でもいいんです。

てか、そういうコミュニケーションがとても大事だと僕は感じています。

 

そりゃムカつくしウザい部下って最初は会話も長続きしませんよ。すぐに終了~ってなっちゃいます。w

 

だけど、それの積み重ねなんです。どんな生活送ってて、どんな性格で、どんな事を思っていて、どんな風になりたいのか。部下の事を知ろうとする努力も大切です。

 

僕の場合、もちろん全く知らなかったんですよね。

その人を知らないのに、仕事で指示を出しても上手くいくはずがありませんでした。

指示出された方も「なんで私にこんな指示を出してくるんだ?理不尽な人。」と思われても仕方ありませんでした。

 

これでは関係性も良くならないし、何よりストレスばっかり溜まって全然楽しくない!!

ムカつくしウザいけど、まずはこの部下がどういう人間か知ろうと考え方を変えてみました。

 

コミュニケーションを取っていると部下の生活、考え方、思いの中で共感出来る事が必ず出てきます。

「あ、それ俺もわかる!」って!そこでお互いの共通点が見つかる事で距離が縮まって信頼関係が作られていくんですよね。

 

ムカつくし、ウザいと思う理由の裏側にはきっと部下にも何しらのキッカケにや不満があると思います。

だからそれをコミュニケーションを通して探る!

 

上司である以上、放棄せずに歩み寄るのを心掛けましょう。

 

少し時間はかかりますが、信頼関係は大きな今後の会社生活で財産になります。

今は人材投資するといった気持ちで踏み込んでいきましょう。

 

 

 

③部下に期待を伝えられていますか?


部下にこうなってほしいという想いはありますか?

あったとして、真剣にそれを伝えれていますか?

 

ムカつくし、ウザいから期待もしてないし、想いもないというようであれば部下のモチベーションは下がっていくばかりです。

例えば「~までにこの仕事やっておいてね。」と淡白に伝えるより、「〇〇さんには、将来~の様な仕事もできる様になってもらいたいからこの仕事お願いね。」と伝えた方が部下のモチベーションも上がりますよね。

 

ポイントは期待を乗せて伝える事です!

 

これ実際に部下にもきいたんですよね。どんな事でモチベーションがあがるか。

やっぱり期待をされた時なんですよ。ある意味いいプレッシャーにもなりますからね。

 

ってか、そもそもですよ?自分も経験してきた事ではないでしょうか。

 

良い上司ってのは必ず期待を込めて物事を伝えていませんか?これ間違いないです。

 

とにかくちゃんと部下の存在価値を認めてあげるんですよ。ムカつくし、ウザい部下でも会社の一社員です。

働くコマではなく、「君にはこういう部分で活躍してほしいから」というのを自分の考えと言葉で伝えましょう。

 

伝えるタイミングとしてオススメは面談して一対一で真剣に伝える事です。

 

かなり効果は大きいので面談を行った翌日には更生されている事も珍しくはありませんよ。

 

 

 

④自分の基準で仕事していませんか?


これ、上司として一番ダメなやつですね。

人間って十人十色です。それぞれに得意、不得意がありますし、部下なんだから上司より劣って当然です。

 

何でも自分に合わした基準で部下に仕事を与えては部下は当然出来ませんし、やる気のパロメーターも下がってきます。

 

何でそれくらいが出来ないんだろ?出来てるつもりかもしれないけど全然ダメじゃん!そんな事でミスするなよ!ってムカつく気持ちも十分分かります。

 

上司は部下よりも何手か先にいるから当たり前ですよね。

 

だだね、上司ってのは部下がいてこその上司なんですよ。

だから基準を自分に合わすのではなく合わせにいきましょう。

 

ムカつくし、ウザいけどそれも人間。それぞれに合わせた指導方法を使い分けていけば改善もみられます。

 

上司になる数年前の自分を思い出して少し基準を落として考えていきましょう。そして、出来た事には褒め言葉と感謝の気持ちを送りましょう。

 

もちろん、ムカつくウザい部下に対してもです。人間、謙虚に出るが勝ちです。

 

特に若い部下の場合、態度がデカかったりするかも知れませんが、後に分かってくるはずです。それが分かった時はもの凄く恥ずかしく感じると共に謙虚だった上司の偉大さに気付くはずです。

 

すぐに結果が出なくてもいいんですよ。将来に返ってくるものがそれ以上になるから!

 

 

 

⑤何をやってもダメ。手遅れなほどムカつくしウザいなら評価を武器に強制的に動かす事。


これは最終手段ですねー。

気持ちでどうのこうのとかではなくて強制的に危機感を与えながら仕事をさせるって事になってしいますね。

 

だからこれは本当にムカつく、ウザい部下が何をやってもダメな時にだけと考えて下さい。部下がどうのこうのではなくて自身の仕事として成果を残すために無理やり部下を動かす訳ですから。

 

ちなみに、パワハラギリギリのところもあるのでご注意下さいね。w

 

方法としては「全ての行動や実績に対して評価するのは上司である私だからやる気ないなら評価にも影響するよ。」って伝えるだけです。

 

「やる気ない、やりたくないならやらなくてもいい。ただ君の評価は下がるし、給料も下がっていくよ?それでもいい?」

例えばこうやって言われたら流石に理解力のない部下でも自分の身に危機が迫るのが分かるのでやらざるを得ない状況です。

 

これでもダメな部下は流石に退職に追い込んでもいいという判断基準点でもありますね。

 

どうしようもないムカつく、ウザい部下って個人的にはここまで言っていいと思います。

 

会社にぶら下がっているか、本気でやる気がないだけかどっちかです。

 

「今日も挨拶出来てなかったねー。評価どうでもいいなら言わないけど、しっかり取りたいならやった方がいいじゃない?」

「実績があまり良くないけど、今のままじゃ評価結構下の方じゃない?今からだとまだ間に合うからやった方がいいと思うけどなぁ。」

こんな感じであえて強制的に聞こえない言い方で遠回しに「やれよ!」というメッセージを込めて下さい。

 

これでも大分優しい方です。マジでやる気ない部下にはもっとキツく言っていいでしょう。

 

経験からして大体の部下はこれでやる様になります。

中には反抗してそのまま余計にムカつく、ウザくなる部下もいますがそれは勝手に退職する流れになるので放っておけばいいです。

 

信頼関係とか想う気持ちとか全無視の独裁的な動かし方なので周りの社員に悟られない様、評価の話を出すのは二人だけの時にしましょう。

「死にたくなかったらやれよ!」と言っている事は一緒ですからね。w

 

ここまで究極に救いようのない部下ってゆうのは珍しいかと思うので出来れば他の方法で解決していただける事を祈っています。

 

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?ムカつく、ウザい部下を辞めさせる事は簡単ですがその先には何もありません。

 

僕的な考え方はそんなどうしようもない部下を持つ事、育てあげる事も立派な経験値として今後に役に立つと思って面倒くさいけど向き合う。

 

10対0で部下が悪いって事はないと思いますから。

 

それにムカつく、ウザい部下を育て上げたとしたら自分に自信も繋がりますし信頼を勝ち得る事が出来るので仕事の流れは今の何倍にも良くなります。

 

・ちゃんと指導する。

・自分基準で仕事をしない。

・コミュニケーションを取る。

・期待を与える。

・それでもダメなら評価を使って動かす。

 

全てをするのは難しい事です。自分の中でこれだったら出来そうっていうのを決めて明日からまた頑張っていっていただけたらと思います。

 

何よりも悩みが解決して、あなたの仕事ライフが少しでも楽しいものになれれば幸いです。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

[`yahoo` not found]

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください